ネット上にある口コミサイトを見ると、『ムーモはvioに使える』や『vioへの使用はおすすめできない。』など色々あり、一体どっち?と悩む方が多いと思います。

そこで、ムーモはvioに使えるのか徹底調査しました。

(主成分から調査)

・vioに使える成分?
ムーモは、チオグリコール酸カルシウムを配合していて、この成分を配合している除毛剤はvioのムダ毛対策にも使えます。

チオグリコール酸カルシウムが使えない部分は、顔や粘膜性部分になるので、粘膜性部分に注意すればvioのムダ毛対策におすすめです。

(vioに使う際の注意点は?)

・vioは粘膜性部分にカバーを!
vioにムーモを使う際は、粘膜性部分にコットンなどでカバーをするのがおすすめです。

特に、vioのiラインは粘膜性部分に近いため、クリームを付着させない対策が必要です。

・パッチテストを!
vio部分は皮膚が薄いという特徴があるので、事前にパッチテストを実施するのがおすすめです。

安全な使い方をすれば、ムーモはvioのムダ毛をきれいに脱毛できるので、黒ずみや剃り跡が気になる方にもおすすめです。

更に、ムーモにはローマカミツレエキスが配合されているので、黒ずみの原因メラニンの生成を抑制する効果が期待できます。

>> ムーモの詳細はコチラ